スポンサーリンク

ナイジェリア人「サル痘を蔓延させたウィルス研究所が国内にあるらしい・・・」(ナイジェリアの反応)

サル痘ウィルス研究所 世界情勢
 欧米でサル痘の感染が増えています。アフリカの局地的な風土病が、アフリカ以外で蔓延することは異例とのことで、世界中で警戒が続いています。
 ナイジェリアの掲示板でもサル痘が話題です。Nairaland「アメリカはナイジェリアにサル痘が蔓延したバイオラボを保有:モスクワ」よりコメントの一部をご紹介しますのでご覧ください。掲示板リンク(英語)

サル痘拡大「異例」と警戒 WHO、患者200人に 5月27日
世界保健機関(WHO)は27日の総会で、動物由来のウイルス感染症「サル痘」が従来継続的に発生してきたアフリカ以外で感染が広がっていることは「異例」として、警戒を訴えた。-Yahooニュース

スポンサーリンク

海外(ナイジェリア人)の反応

・ロシアによれば、世界に蔓延したサル痘ウイルスは、ナイジェリアにある4つのアメリカの生物学研究所から発生したらしい…

・何で住所まで教えないのか?

・ナイジェリア人に知らせてください。そうすれば彼らは研究所から略奪することができるから

・正確な場所を言ってくれ、すぐに焼き払いましょう


 ナイジェリアのアラート
 ナイジェリアのサル痘
 警告 – レベル3, 不要不急の旅行を避けること
 注意報 – レベル2, 強化された予防措置の実施
 注視 – レベル1, 通常の予防措置を講じること

・うーん、しかし、一体どこのナイジェリア人がこの病気にかかったというのか?この世界は謎が多いね

・この主張には写真が添付されているが、本当であれば今後数週間のうちにさらに多くの情報がでてきてもおかしくない。とにかく狂っているわ

 ロシアのサル痘研究所報告

・冗談抜きで建物の写真まであるということは絶対に何かあるよ

・ロシアは今回は失敗だろ。住所を示せばこの地図さえいらないはずだ。一番いいのは、大衆に押しかけさせ、そこにいる全員を引っ張りだすことだった。この間にも研究所はすでに空になってしまったことだろう

・サル痘の研究所があると言っているのに、指導者たちは選挙の準備に夢中だ。この国は何もかも滅茶苦茶…

・政府はこのことを知っているけど、賄賂を受けて口を閉ざしているだけ

・文明国家が生物学研究をやれるような環境がこの国にあるわけないだろ

・ナイジェリア人はアホだから何も知らない。政府がすぐにロシアと合同調査でもすると思っているだろうがそんなことはない。政治家が見ているのは2023年の選挙だ

・プーチンは嘘をつけない。もし彼がナイジェリアにバイオ研究所があると言うのなら、ここにはバイオ研究所があるのだ

・これは嘘なのか、それとも狂言なのか?大統領府と国立疾病管理センターは、この件について国民に報告する義務がある

・私はもうアメリカを信用していない、特にあの悪魔のビル・ゲイツをね

↑・プーチンのケツでも舐めてろよ

・この話は真実ですが

↑・プーチンの操り人形

・コンゴでエボラが作られたときと同じ

・馬鹿どもが我々アフリカ人に対してコロナウィルスを使おうとしたが見事に失敗した。だから別の致命的なウィルスに詰め替えたんだ

・一連の問題を作っているのはアメリカだ。あの国が世界の混乱と悪を作り出し、そこから利益を得ていると言っても、君たちは到底理解できないだろうが

・ナイジェリア人は馬鹿。すべてのナイジェリア人に感染させることを許可します

・Twitterの匿名グループが、またこのサル痘に関しても同じようなツイートをしている。別のパンデミックに発展しないことを祈るよ

・プーチンさん、ウクライナの罪のない人々へのテロ行為をやめ、アメリカへのプロパガンダをやめてください。ここにはサル痘もヤギ痘も無いです

・ロシアが冗談を言っていることを願うよ

コメント一覧

  1. 自国や先進国では規制があってできない研究を、そうした縛りの少ない地域・国でやることがあっても不思議では無い。たしか、武コロ(敢えて)も流出元の研究所には、仏や米の研究所や機関が絡んでたという話もあったね。

スポンサーリンク